温泉民宿 丸弥荘トップ

丸弥荘ニュース

館内、施設

料 理

料金、交通

観光、飲食

リンク

予 約

富士山、河口湖写真館

富士山、河口湖写真館

・富士山や河口湖周辺の観光、イベントの写真を掲載していきます。
・自家製無農薬野菜を作る畑の状況、食べごろ等を更新していきます。

前ページ次ページ

客室から見た赤富士
2015/09/30

9月も、最終日になりました。行楽シーズン突入!これから過ごしやすい時期に入ってきます。早朝、ふと、外を見ると、富士山が赤く染まって『赤富士』出現!

赤富士(あかふじ)は、主に晩夏から初秋にかけて、早朝に富士山が朝日に染まって起こる現象。青い富士山が朱色に染まることが語源になります。一般に縁起の良い事として知られ、夏の季語にもなっています。

2015河口湖ハーブフェスティバル(大石公園)
2015/07/14

赤、白、ピンク色のベコニアで作られた『花小富士』花が一杯の富士山のモニュメント。界下には、富士五湖まで再現されています。『花小富士』のバックに富士山がきれいに現われました。

2015河口湖ハーブフェスティバル(大石公園)
2015/07/14

2015河口湖ハーブフェスティバル、八木崎公園は、12日で終了しましたが、大石公園は20日まで開催しています。

富士山、河口湖と一緒に見れるラベンダー、赤、白、ピンク色のベコニアで作られた『花のナイアガラ』、『花小富士』が見どころです。

夕暮れの富士山
2015/05/19

夕焼けの富士山、今月の富士山の出現率は、いつもの年よりかなり多いです。ゴールデンウィークは連日見え、その後もいい感じで見えています。

今年は、気温が高い日が多く、富士山も夏に向かって大分雪解けし、農鳥も見えてきました。

農鳥とは、富士山の7〜8合目付近(標高2900メートルから3000メートル)の北西斜面にあらわれるなごり雪で、鳥の形をしているためにそう呼ばれる。

春の訪れを告げる風物詩として、地元では古くから、農家が田植えなどの農作業を始める時期の目安とされ、その年の天候や吉凶も占ったという。

丸弥荘客室からの富士山
2015/05/01

ゴールデンウィークに突入!気温も上がって過ごしやすくなりました。

丸弥荘前の八重桜が今、まさに満開!客室から富士山と桜をのんびり見るのもいいでしょう。この時期、限定の風景です。

朝焼けの富士山(丸弥荘庭で撮影)
2015/01/07

寒い朝が続いていますが、そんな季節にも楽しみがあります。晴れた早朝の富士山。朝焼けで赤く染まった富士山を見ていると寒いなんて言っていられないくらいきれいです。少しだけ早く起きた特典です。

現在、河口湖に雪は全くありません。

富士山と雲
2014/10/04

河口湖畔で富士山を撮ってきました。

富士山は、季節によって様々な姿を見せてくれますが、富士山の雲も同じ形に留まってくれません。しかも秒単位で様々な形に変化します。特に風が強い日は、ずっと見ていてもあきません。

緑のカーテン完成!
2014/08/16

緑のカーテンが今年も完成しました。なかなかの出来に仕上がりました。朝顔は今年は3色、白が咲かず少し残念でした。ゴーヤが実を付けて収穫間近です。

富士飛行社(富士急ハイランド)
2014/07/16

今日は、富士急ハイランドへ新しいアトラクション『富士飛行社』7月18日オープン!を見に行ってきました。

「富士飛行社」は、座席を包み込むような半球体構造となった直径20mの巨大スクリーンと、飛行訓練にも使われる精密な動きをする座席が富士山周辺のフライト映像と連動することで、スケール感あふれる大迫力の富士山飛行映像をお楽しみいただけます。また、よりヴィヴィッドに富士山を体感するための様々な仕掛けにより、富士山麓を吹き抜ける爽やかな風、広がる森林や美しい花たちの香り、湖面のしぶきなどを肌で感じられる、リアルさにこだわった、まさに“富士山を五感で体感”できるアトラクションです。

CAの案内で乗車した後、富士山の火口を見たり、低空飛行で湖を飛行したり、芝桜まつり会場を見たり、飛行機がすぐ横を通過したりと、臨場感あふれるアトラクションになっています。

無農薬野菜の畑
2014/07/14

現在、タマネギ、ニンニク、キャベツ、七色野菜、河口湖レタス、ミズナ、サニーレタス、パセリ、ネギ、ズッキーニ、ナス、ニンジン、ブロッコリ、ミニトマト、ブルーベリー等を収穫し、提供しています。

タマネギを収穫後は、その場所にトウモロコシを植え、時期を変えて2度収穫できるように工夫しています。肥料を撒いて万全です。

前ページ次ページ